スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキーに行ってみました。

今年は、スキーでもやってみようかなということで、ヤフオクで中古の板をゲットしました。で、試し乗りに行ってみました。

向かったのは、志賀高原。

上林の旧料金所を過ぎると雪道です。今シーズン初の雪道なので慎重に走ります。

自転車で登ると超しんどいですが、車だとスイスイ。

あっという間にサンバレー。

P1000517(1).JPG

↑ リフトは動いているようです。

さらに登り、熊の湯スキー場に到着。家から1時間もかからずに着いちゃいます。駐車場も激混みでしたが、リフトにも長蛇の列。

P1000518(1).JPG

↑ 動いているリフトは3本だけ。うち1本は、スキー教室の高校生にほぼ占領されています。今年は雪が遅いのか、志賀高原でも滑れるところが限られているようです。そういえば昔から12月の初すべりは熊の湯が多かったような気がします。

P1000519(1).JPG

↑ リフト券&ゲートシステムが今年から変わってました。保証金は500円安くなって500円です。

このシステムのすごいところは、

skiline.jpg

↑ インターネットで、リフト券の番号を入力すると、何時何分にどのリフトに乗ったか、とか、標高差で何m滑ったかとかが判ってしまうんです。ちなみに、ワタシは、12回リフトに乗って(とても疲れました)、2,917m滑ったようです。

ワタシのスキー歴は、千葉県から長野県に引っ越した中学2年生からですので、もうかれこれ40年近くになります。学生時代は、せっせと練習をして、SAJの1級も取りました。当時は2mもある長い板を使っていました。今の板は160cmしかないので、体力が衰えたお年寄りでも何とか使えます。

子供が生まれた20数年前から、スキーはぱったりとやめてしまっていましたが、その間にスキー人口は激減してしまったようですね。熊の湯はボード禁止なので、今日も、滑っているのは、おじいさん、おばあさんとスキー教室の高校生ばかりでした。

それと驚いたのは、そのおじいさん・おばあさん達が、かなりの率でかぶっていたのが、ヘルメット。昔は、アルペン競技(その中でもダウンヒル)の選手くらいしかかぶっていなかったのにねぇ。まぁ、自転車のヘルメットもワタシらみたいな素人さんがかぶっているのを考えれば、納得できますが。

というわけで、新しい(中古だけど)板の試し乗りは、無事終了。と言いたいところですが、調子こいて、ちょっと気合を入れて滑ろうかなと思い、スキー靴のバックルを締め直したら、バックル部分がぶっ飛びまして御臨終です。10数年前のスキー靴なので、樹脂部分がかなり劣化していたようです。あー、スキー靴も買わないと・・・。やっぱりスキーは金がかかるわい。

それと、今日、リフト待ちをしている時に、後ろにいたおじいさんが”平沢文雄”という名札を付けていて、どっかで聞いた名前だなぁと思いましたが、なかなか思い出せませんでした。そう、日本のデモンストレーター第1号の平沢文雄氏でした。ワタシもスキーに入れ込んでいた時期は、本や、ビデオで良くお見かけした名前です。もう70台後半と思われますが、大変元気に滑っていました。ワタシもあと20年くらいはスキーができたらいいなぁと思いました。

皆既月食

今夜は皆既月食だそうで、23時頃、外に出て夜空を見上げてみると・・・

IMG_8779.JPG

↑ 欠け始めていました。

IMG_8789.JPG

↑ 光っている部分がだんだん小さくなり、

IMG_8801.JPG

↑ 皆既月食状態です。

この状態が50分間続くそうなので、家に入って寝ました。

 

MADE IN MAURITIUS

先日の落車でSKINSのタイツに穴が開いてしまったので、あたらしいのをヤフオクで調達しました。

DSC_0098.jpg


モデルチェンジしたようで、種類も色々増えているようです。A200というオールラウンドモデルにしました。前のモデルより少し安くなったようです。


DSC_0100.jpg

↑ メイド イン マウリティウス???

あっ、モーリシャスか。モーリシャスって聞いたことはあるんだけどどこだろうってことで調べたら、アフリカの横っちょにある小さな島でした。こんなところでも衣料品を作っているんですねぇ。ちょっと驚きました。

金時娘に逢いたい

連休2日目、カミサンと2人で金時山に登りました。自転車ではありません。徒歩です。

辻堂から東海道線で小田原、箱根湯本からの登山電車は通勤ラッシュ並みの混雑でした。

IMG_8486.JPG

強羅から、仙石までバスに乗り、登山口に着いたのはお昼すぎでした。 

IMG_8491.JPG

標高1200mしかない山なので、ハイキングみたいなものだろうと高をくくっていたのですが、登り始めて3分で息が切れてきました。

P1000443(1).JPG

↑ 見晴らしの良いところに出ました。ここでも休憩。 

P1000447(1).JPG

↑ 山頂らしきものが見えてきました。 

P1000449(1).JPG

↑ 頂上の手前は、急な壁をよじ登ります。

登り始めて2時間弱、やっと山頂に到着。 

IMG_8497.JPG

↑ 山頂から眺める芦ノ湖。 

晴れていれば、芦ノ湖の反対側に富士山の雄大な景色がバーンと広がるはずなのですが、あいにくの曇り空で富士山は雲の中でした。  

P1000450(1).JPG

↑ 山頂は大勢の人で賑わっていました。

P1000451(1).JPG

↑ 箱根湯本駅で買ってきた鯵寿司でお昼にします 。

金時娘の茶屋に寄り、おしることおでんをいただいてきました。金時娘さん(78歳?)もいました。実は今回の金時山登山は、カミサンが金時娘に会いたいと言い出したのがきっかけでした。なので、金時娘さんの元気な姿を見ることが出来てよかったです。 

帰りは、山の反対側に降りることにしました。こちらのルートは、あまり人がいませんでいた。 

IMG_8501.JPG

下り始めると、太ももとひざとつま先が痛くなってきました。 

IMG_8502.JPG

↑ 振り返ると、とがった山頂付近が見えます。 

P1000455(1).JPG

↑ 何回か川を渡ります。

だんだん暗くなってきて不安になりましたが、なんとか日暮れ前に下山できました。 

P1000456(1).JPG

↑ 地蔵堂のバス停にたどり着いたら、ちょうどバスが来ました。 

P1000457(1).JPG

↑ なんと最終バスでした。 これを逃したら、駅までの約8kmを歩かなければならないところでした。

大雄山の駅前の居酒屋で一杯やって帰途に着きました。 

本日のルートはこちら

 

 

禁煙1年

タバコをやめてから、今日でちょうど1年です。禁煙成功です。たぶん。

タバコをやめて良かったこと。

○ タバコ代がかからなくなった。

○ 出掛ける時の持ち物(タバコ・ライター・灰皿)が減った。

○ 火事の心配をしなくて良くなった。

一方、いまいちな点は、

● 体重が・・・・

自転車走行記録1.jpg

↑ 過去6年間の体重変化です。右はじの右肩上がりの部分が、禁煙してから。

禁煙開始とともに、グングン上昇し続け、80kgまで、あと少し。

食事の量が増えたわけでもないし、自転車も続けているのに、なんで?

プロフィール

kin1959

Author:kin1959
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。