スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やまめの学校

やまめの学校”に入学して来ました。

やまめの学校というのは、元MTBプロライダーの堂城賢(たかぎまさる)さんと言う人が長野県の安曇野市で開いている自転車の乗り方スクールです。

ロードバイクに乗り始めて5年も経ちますが、全然早く走れないし(というより年々遅くなってきている?)坂道は超遅いくせにすぐ足を攣るし、でなんとか楽に早く走れる方法はないものかと雑誌を読んでフォームを真似したりしましたが、さっぱりだめでした。

とあるブログで、このやまめの学校のことを知り興味を持っていましたが、今週空きがあったので、入門してみたという訳です。

今週は長野に居たので、安曇野までは80km程。学校は9時からですが8時過ぎに着いてしまいました。

P1010407.jpg

↑ 北アルプスがきれいに見えます。

他の2人の受講生が高速の事故渋滞で少し遅れるとのことで、待っている間にワタシの自転車を見てもらいました。

P1010408.jpg

↑ MY BIKEに試乗する堂城先生。

少し乗っただけで、フロントのディレーラーが曲がってる(トリプルにするときにワタシが付けました)のとカセットスプロケットのねじが緩んで(これもワタシがやりました)カセット全体がグラグラしてるのを発見。さすがプロですね。あっという間に前後のディレーラーも調整してもらい、自転車は完ぺきです。

他の2人も到着し、授業開始です。

(授業に集中していたため以後写真は無しです)

まずは、座学を1時間ほど。ポイントは重心の位置がしっかり出ていれば、自転車は力を入れなくても進むということのようです。

具体的には、

・骨盤は立てろ→骨盤は寝かせる。

・猫背→背中まっすぐお腹ポッコリ。

・膝がトップチューブをこするように→ガニ股ペダリング。

・クリート位置は母指球→母指球のちょっと後ろ。

等々、雑誌に書いてあることとはことごとく正反対です。

判りやすい説明で、頭では理解できましたが、半信半疑です。

座学の後は、実際に自転車に乗りながら教えてもらいます。

まずは、ハンドルとサドルのセッティング。先生がチョコチョコっといじっただけで、あら不思議。これが同じ自転車かと思うくらい良く進むようになりました。生徒たちはみんな感嘆の声を上げています。信じられんです。

その後、走りながら、お尻を1cm前へとか、上体を倒してとかアドバイスをもらいますが、そのたびに、ペダルが軽く漕げるようになるから不思議です。

ワタシは猫背になっているのと、頭が下がっているという注意を再三受けました。知らないうちに癖が付いていたんですね。

お昼を食べた後は、坂に向かいます。ここで、全員のクリートの位置を一番後ろにしてもらったあと、11%の坂に向かいます。ちょっと楽に登れるようになったような気がします。

続いて、先生の立ちこぎデモンストレーション。11%の坂を笑いながら30km/hくらいのスピードで登って行きます。すげー。

雨が降って来たので、学校に戻りましたが、全身びしょぬれになりました。

服を着替えてから、今日のまとめ。

ここで、”死刑宣告”です。やまめの乗り方をするには、大きめの自転車が必要で、ワタシの場合はトップチューブ長560mmが最適とのこと。たしかにこの乗り方だと腕がとても窮屈な感じになります。今乗っているCANNONDALE(SIX13)はカタログによると535mm、SEMAS号もたしか530mmだったはず。フレーム交換か?

とりあえずは、ステムを超長いのに交換して乗り方をマスターしたら、フレーム変えようかな。

今回は、ほんのサワリという感じでした。何回か通わないとだめみたいですね。まあ、近くだしそんなに高くないし何回か通ってみようと思っています。でも、この学校、結構人気があるようで、全国から生徒が来るようでして、結構予約が詰まっていたりします。

帰り際に、先にMTBで重心位置を覚えるとロードでも同じですから、MTBの学校も是非どうぞと勧められました。次回はMTBの学校に入学するかも知れません。

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:やまめの学校(10/17)

kinさん、こんばんは。
やまめの学校の存在は雑誌やブログで知っていましたが、雑誌に書かれていることと反対だったので自分も疑問に思っていました。ただし、重心の乗るっていうのだけは納得していましたが。

11%の坂を笑いながら30km/hくらいのスピードで登って行くことができるということはただ者ではないですね。ちょっと興味あります。また教えてもらったらUPお願いします。セコい自分;

Re:やまめの学校(10/17)

kinさん、こんばんは。
やまめの学校の存在は雑誌やブログで知っていましたが、雑誌に書かれていることと反対だったので自分も疑問に思っていました。ただし、重心の乗るっていうのだけは納得していましたが。

11%の坂を笑いながら30km/hくらいのスピードで登って行くことができるということはただ者ではないですね。ちょっと興味あります。また教えてもらったらUPお願いします。セコい自分;

Re[1]:やまめの学校(10/17)

hyhさん、こんばんは。

ワタシの場合、超ヘタレなもので、せめて30km/h巡行ができるようになりたいと思い、入学してみました。最近は3本ローラーに復習をしながら乗っています。ポジションを変えると少し早く走れるような気がしています。

>11%の坂を笑いながら30km/hくらいのスピードで登って行くことができるということはただ者ではないですね。
3本ローラーで90km/h出す人もただ者ではないと思いますが(笑)

プロフィール

kin1959

Author:kin1959
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。