スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんずの里

昨日は休出だったので、今週は自宅に戻りませんでした。で、今日は一日フリータイム。

昨夜から、どこへ行こうか迷っていました。とりあえず、先週の横浜お花見ライドに引き続き、花を愛でに行こうと決めました。

第一案:富倉峠を越えて、上越高田公園の桜。往復約100km。往路は、標高差300m、復路は、600mの登り有り。

第二案:千曲川沿いに更埴のあんずの里。往復約80km、平坦。但し、yahoo天気予報によると、午後は、6m/sの向かい風。

朝、6時に起床。2つの案を再検討。結局、桜は先週堪能したし、手持ちのSEMAS号には、登り坂の秘密兵器27Tが付いていないことから、第二案を選択しました。

うだうだしていて、出発は7時半。千曲川CRを落合橋まで遡りました。落合橋を渡りきり、松代方向へR403を右折。走り出しからなんだかスピードが出なくて、約20km/hのポタリングモードです。

途中、大室古墳群の看板を発見、急ぐ必要も無いので、寄り道。IMG_4175.jpg

古墳というと、仁徳天皇陵を連想してしまうのですが、小さいお墓がいっぱいあるだけで、ちょっとがっかり。

再出発後、ほどなくして更埴のあんずの里に到着。大渋滞の車の横をすり抜け、展望台に到着しました。

IMG_4177.jpg

あんずの花。

IMG_4180.jpg

遠くに北アルプスの山々が望めました。

IMG_4182.jpg

かなりの人出でした。

途中の売店でおでんを一串食べて、帰路につきました。前方にLOOKのロードレーサーを発見し、追走。下り坂で、追いつきましたが、平地になったとたん見る見る離され、見えなくなってしまいました。暖かくなってきたので、長野の自転車乗りも、活動を開始したようです。

帰りも、千曲川の堤防を走りました。松代を過ぎたあたりで、土手の下に、風林火山ののぼりを発見。行って見ると、山本勘助のお墓でした。ここも、風林火山ブームのせいで、結構賑わっていました。

IMG_4187.jpg

説明をしてくれた人の話によると、山本勘助の墓は、全国に5つあるが、遺骨が入っているのは、ここだけだそうです。

ここの売店で、団子を3串食べながら一休み。

再出発し、屋島橋の手前で、離陸していくグライダーを発見。

IMG_4192.jpg

面白そうなので、行って見ると、河川敷に滑走路が有りました。

IMG_4193.jpg

↑こちらは、グライダーを引っ張る為(?)のプロペラ機。しばし、離着陸の様子を眺めていましたが、風が冷たくなってきたので、帰りを急ぐことにしました。

が、ここからは、強烈な向かい風との戦いです。漕いでも漕いでも、全然進みません。ヘロヘロになって、15時過ぎに、帰還。

本日の走行軌跡はこちら

すこし、休んでトライアルの練習でもしようと思っていたのですが、いつの間にか居眠り。電話の音で目が覚めると、近所に住む兄貴夫婦から、晩飯食いに行こうとのお誘い。ワインを二人で2本空け、かなり酔っ払いました。家に帰り、blogを書いてる途中で、意識不明になり、目が覚めたのが、午前3時半。

  • 本日の走行距離:83.81km
  • 平均速度:16.7km/h
  • 総走行距離:13,718km
  • 消費カロリー:1,764.5kcal
  • 体重:67.0kg
  • 体脂肪率:15.1%
  • スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Re:あんずの里(04/08)

    杏の里は、今が見ごろなんですね。知りませんでした。
    私の会社に有る杏は、桜よりかなり早く咲きました。(種類が違うのかな?)
    プロフィール

    kin1959

    Author:kin1959
    FC2ブログへようこそ!

    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。